「ATL-MR リアル-バーチャル勉強会」を実施しました!


2018年11月22日に、現実世界とそれにそっくりに作られた仮想世界を融合し、様々な種類のデバイスがそれぞれの世界に同時に接続する「ATL-MR リアル-バーチャル勉強会」を実施しました!
おそらく世界初(!?)的なのでは?と思われるこのイベントについてレポートいたします。
“「ATL-MR リアル-バーチャル勉強会」を実施しました!” の続きを読む

開発中のATL-MRイベントシステムについて

開発中であることを公表している「ATL-MRイベントシステム」についての進捗のご報告です。

“開発中のATL-MRイベントシステムについて” の続きを読む

UnityとHTC VIVEでバーチャルアイドルに変身(ATL客員研究員寄稿記事)

ATL客員研究員登録させてもらってます@UUUPAと申します。2017年末から現在にかけて、バーチャルYouTuberやVRChatが話題沸騰ですね。私も以下を目標に実装の勉強をしました。

  • キズナアイさん(©Kizuna AI)の3Dモデルを使用させていただいて良いようですので、キズナアイさんに変身する
  • HTC VIVEのHMD(頭)とコントローラー(両手)の計3点をトラッキングして、モデルの動きに反映させる
  • 動きを自然に見せるためにFinal IK(Unityの有料アセット)を使う
  • VR空間では、自分の目の前に鏡を立てて、それに映る自分を眺める
  • 3Dモデルの顔の表情、視線、手指も操作できるようにする

結果として、上の目標は実装できて、以下の通りとなりました。


ツイートの通り、学習内容の大半は、既存のVR開発者様の記事に倣ったものです。私はUnityの達人ではないため、先達の皆様の記事に沿って実装を進めていくにあたり、ちょっと躓いた箇所を本記事で書きとどめておこうと思います。Unityのバージョンは2017.3を利用しています。
“UnityとHTC VIVEでバーチャルアイドルに変身(ATL客員研究員寄稿記事)” の続きを読む